GMMA(複合型移動平均線)


記事の所要時間:約 2 6


GMMA(複合型移動平均線)

管理人ちびたまFXも愛用しているインジケーターです。

 

GMMA(複合型移動平均線)とはオーストラリアの金融コラムニストのDaryl Guppy(ダリル・ガッピー)氏が考案したインジケーターです。

彼の名前を取ってGuppy Multi Moving Averageと呼ばれています。

 

GMMAは12本の線で構成されており、青色の線が短期線、赤色の線が長期線

  • 短期線の日数は3日・5日・8日・10日・12日・15日
  • 長期線の日数は30日・35日・40日・50日・60日
 Daryl Guppy氏の検証結果によりこの日数が良いとされています。 

GMMAの使い方

管理人の使い方としては、主に赤の長期線を見ます。時間足は1時間。

トレンドの方向を確かめトレンドフォローとして使っています。

短期線(青)と長期線(赤)の間が大きく空くほどトレンドが強いことを示します。

更に赤い線の束が大きく開くほど強いトレンドです。

 

 公式LINE@ではブログでは公開しないインジケーターなど不定期で配信しています。登録お待ちしています。 

友だち追加

スポンサーリンク